日立情報システムズ(日立情報、原巖社長)は、4月8日、申込書や受注伝票など、継続的に発生するデータ入力作業を短納期・低価格で代行するデータエントリーサービスの提供を開始した。

 このサービスは、アウトソーシングサービスで多くの実績をもつアチーボ・ジャパン(李錦成代表取締役)との協業によって、データの入力作業を中国で実施して価格を抑えるとともに、日立情報の経験とノウハウを生かした精度の高いサービスを短期間で提供する。中国とのデータのやり取りは、日本で断片化したデータを暗号化して送受信するので、情報漏えいの心配がない。

 また、データの受付・保管など、データ入力で発生する一連の作業をまとめ、一連のビジネスプロセスを顧客に代わり遂行するBPOサービスも提供する。これによって業務効率向上と精度向上を両立でき、本業にさらに集中することができる。

 価格は個別見積り。同社は、新サービスを幅広い業種のユーザー企業向けに拡販し、2015年度末までに100社への提供を目指している。また、将来はクラウドサービスでの展開を予定している。