応研(原田明治代表取締役)は、公益法人向け会計システム「公益大臣NX」シリーズと社会福祉法人向け会計システム「福祉大臣NX」シリーズの機能追加バージョンの出荷を、4月27日に開始する。

 新製品は、帳票出力機能を強化。集計時に、集計金額の最大値から最適な金額幅で出力する金額桁数の自動調整が可能になった。また、余白サイズの初期値をこれまでより狭め、印字領域を大きくした。決算書の印刷タイトルのフォントや配置を統一し、見やすくしている。

 伝票入力機能には、伝票入力(OHKEN式)、伺書入力(OHKEN式)を追加。事業を明細単位で入力する場合、借方事業、借方科目の順で入力できるようになった。

 さらに事業管理では、科目ごと(補助レベル)に事業管理を「する/しない」の設定が可能になった。また、事業ごとに伝票等で入力可能な科目を指定できるなど、多岐にわたる機能を追加した。(鍋島蓉子)