マカフィーは、4月18日、ユーザー参加型の企業向け製品コミュニティサイト「McAfee Japan Corporate Support Community」を開設した。

 企業向け製品ユーザーのフリーディスカッションスペースを設け、サポート情報メールマガジン「マカフィー サポート通信」の配信やサポートQ&Aの更新情報、製品やパッチのリリース情報などを掲載する。マカフィー製品のユーザーでなくても登録でき、登録メンバーなら誰でもディスカッションスペースに投稿できる。

 サイトと連動するTwitterアカウント「企業向けお客様サポート公式Twitter」を開設。サポート情報をリアルタイムで配信する。

 新しいマルウェアが増加しているなかで、セキュリティベンダーに求められる役割は、適切なセキュリティ情報の提供だけでなく、迅速な情報の発信や開示、企業セキュリティ全般に関するディスカッションの場の提供などへと拡大している。コミュニティサイトの開設は、このような状況を踏まえたもの。

 マカフィーは、「McAfee Japan Corporate Support Community」を危険度の高いウイルス情報や、最新の脆弱性情報など緊急度の高いセキュリティ情報を発信する媒体として活用する考えで、これらの活動を通して顧客満足度の向上を図る。

McAfee Japan Corporate Support Communityのトップページ