EMCジャパン(山野修社長)は、4月19日、パートナー向けイベント「EMC Velocity Workshop 2011 Spring」を都内のホテルで開催した。EMCのパートナー制度「EMC velocity パートナー・プログラム」に参加するIT企業関係者を中心に、約200人が集まった。

会場にはEMCジャパンのパートナー関係者を中心に約200人が集まった

 「EMC Velocity Workshop」は、EMCジャパンが今後の製品戦略の説明や新製品のPR、パートナー向け支援制度をパートナー向けに説明するイベントで、定期開催している。今回は約3時間、計6セッションを用意した。

 冒頭、中山泰宏執行役員パートナー事業本部長が登壇し、「2011年の販売戦略」を説明。その後、今年1月に発表した中堅・中小企業(SMB)向けストレージ「VNXファミリ」の優位性を担当者が解説した。最後は、バック・リカバリ製品とマーケティング施策の説明で締めくくった。(木村剛士)

中山泰宏執行役員パートナー事業本部長