日本オラクル(遠藤隆雄社長)と日立製作所(中西宏明社長)は、オラクルのデータベースマシン「Oracle Exadata」と日立の統合システム運用管理ソフトウェア「JP1」を組み合わせたシステムの検証を共同で実施した。両社は、販売パートナーが顧客に提案する際に必要となるリファレンス・アーキテクチャを4月20日から提供する。

 リファレンス・アーキテクチャとは、企業システムの構築や運用におけるユーザーの課題や要件に対して、最良の方法となるようなシステムのモデル。

 今回の検証では「Oracle Exadata」の構成を生かしながら、「JP1」のジョブ管理製品「JP1/Automatic Job Management System 3」を用いて、高度で信頼性の高い業務の自動化を実現する構成を構築・検証した。また、「JP1」によって「Oracle Exadata」を中核に構築したシステムの監視手法も検証した。

 両社は、今回の検証結果であるリファレンス・アーキテクチャを文書化して販売パートナーに提供し、「Oracle Exadata」と「JP1」を組み合わせたシステムの販売を加速する。(鍋島蓉子)