信頼

遠藤隆雄 社長
 変化への挑戦。2010年は、サン・マイクロシステムズの買収を行ったほか、ユーザー企業との関係やソリューション提供のあり方が転換期にあったという意味で、このキーワードを掲げた。2011年は、成長し続けるために原点回帰を図りたい。具体的には、今一度、信頼関係の構築に力を入れる。そのうえで、競争力のある製品をリリースしていく。社内的には、チームワークを重視する。製品軸が広がれば、横の連携が不十分になりがちだからだ。

 成長に向けた製品戦略として、2011年早々に「Oracle Exalogic Elastic Cloud」を投入する。クラウド環境はかくあるべし、ということを示していく。サーバーや仮想マシン、OS、ミドルウェア、ネットワーク、ストレージを含めたトータルなシステム環境を用意する。こうした製品戦略は、これまでシェアが十分に取れなかったミドルウェア分野の開拓にもつながる。データベースと同じように、SOAの基幹製品やアプリケーションサーバーもシェアを高めていきたい。

 「Exalogic」に搭載する「Oracle Fusion Applications」は、2011年に本格展開していく。これを支えるミドルウェア製品群がSOAの基盤である「Oracle Fusion Middleware」で、データ、プロセス、セキュリティを統合。その周りにアプリケーションがぶら下がる形となる。

 これらのほか、ホワイトカラーの生産性向上を支援するEnterprise2.0を推進していく方針だ。