日本システムウエア(NSW、青木正社長)は、AndroidOS2.2以降に対応した法人向けスマートフォン集中管理サービス「PALLADION(パラディオン)」を発売した。

 「PALLADION」は、Androidスマートフォンのハードウェアと格納されるデータの集中管理ができ、遠隔地からの操作制御やデータ消去に対応。ビジネスで安全にスマートフォンを活用できるようになる。また、クラウドサービスなので、短期間・低コストで導入できる。同社は、「PALLADION」で今後5年間で5億円の売り上げを目指す。