日本システムウエア(NSW、青木正社長)は、ジゾン(神野純孝社長兼CEO)のコンテンツマネジメントシステム(CMS)製品「HeartCore」の取扱いおよびSaaS型での提供を開始した。

 「HeartCore」は、コンテンツ管理や携帯コンテンツ管理、コマース機能、コミュニティ機能、ブログ機能、SNS機能、Twitter連携機能、マーケティング機能(自動SEO対策など)を搭載している。NSWは、これまでの企業サイト構築やECサイト構築の経験を生かし、「HeartCore」の販売/導入サポートを行っていく。

 SaaS型サービスでは、NSWのデータセンター内の仮想環境上にユーザー専用のエリアを用意し、仮想エリアを貸し出すIaaS型のホスティングサービス「BlueSpider」を利用する。これにより、サーバー管理負荷を大幅に削減できるなど、システム管理担当者の業務負荷軽減を実現する。

 同社は、「HeartCore」のSaaS型サービスにおいて、今後5年間で約60社への提供を計画している。