凸版印刷(金子眞吾社長)と富士通エフ・アイ・ピー(富士通FIP、杉本信芳社長)は、「ギフトカードASPサービス」をダスキン(山村輝治社長)に提供した。

 サービスを利用したハウスクリーニングのギフトカード「ダスキン プロのおそうじギフト」を、ダスキンの専用電話窓口と専用ホームページで4月11日から販売している。さらに、イオンリテール(村井正平社長)の運営する日本初のギフトカードモールサービス「うれしーど」でも、4月27日から販売する。

 「ダスキン プロのおそうじギフト」は、ダスキン独自の教育プログラムを受講したお掃除のプロが提供するハウスクリーニングを、ギフトとして贈ることができる完全交換型のプリペイドカード。

 サービスに採用された「ギフトカードASPサービス」は、凸版印刷と富士通FIPが共同で開始したもので、ギフトカードの残高管理を行うリアルタイムプロセッシングサービス。ISO/IEC27001をはじめ、各種国際認証を満たした富士通FIPのセキュアなデータセンターで運用される信頼性の高いサービスとして、すでに60社を超える企業が導入している。

 凸版印刷と富士通FIPが連携することで、ギフトカード事業導入に関するビジネスサポートから、ギフトカードの製造・発行、プロモーションサポートまで、ワンストップでサービスを提供できる点や、ギフトカードモールでの市場拡大に貢献している点が評価され、今回ダスキンに採用された。

 「ダスキン プロのおそうじギフト」の価格は、レンジフードクリーニングが1万7800円、キッチンクリーニングが1万6800円、浴室クリーニングが1万6800円、家庭用エアコンクリーニング(1台)が1万2400円、家庭用エアコンクリーニング(2台)が2万1000円。