三井情報(MKI、下牧拓社長)が、米Amazon.comのクラウドサービス「Amazon Web Services(AWS)」を活用したシステム開発やサービス提供を行うソリューションプロバイダ(AWSパートナー)に認定された。

 MKIは、AWSパートナーとなることで、ウェブシステム基盤「intra-mart WebPlatform」の開発環境やテスト環境に、AWSが提供する仮想サーバー「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)」やストレージ「Amazon Simple Storage Service(S3)」、ロードバランサー「Amazon Elastic Load Balancing(ELB)」などを活用していく。

 これによって、サーバーの構築や導入にかかる費用と時間の節約や、ユーザー企業と開発者の活発なコラボレーションなどを図る。とくに、柔軟な開発環境を短時間で構築できるAWSと、開発生産性が高い「intra-mart」の特徴をかけ合わせた倍速開発の実現や、AWSとプライベートクラウドを組み合わせたシステムバックアップソリューションの提案など、利便性や低コストだけでなく、高可用性も視野に入れたクラウド活用システムを提案する。