エクセルソフト(渡辺光敏代表取締役)は、Accusoft Pegasus社の画像アプリケーション開発ツールキットの新バージョン「ImageGear for .NET v19」と「ImageGear for Silverlight v19」を5月9日に発売した。

 「ImageGear for .NET」は、ハイパフォーマンスなカスタム画像処理アプリケーションを作成できる開発ツールキット。TIFF、JPEG、PDF、CADなどを含む100以上の画像形式を表示、編集できる。一方、「ImageGear for Silverlight」は、次世代の画像ベースによるリッチなインターネットアプリケーションをビルドする総合的なSilverlight画像SDK。Silverlight 4.0用に設計され、開発者はハイレベルなコントロール、洗練されたレイアウトオプションとパワフルな画像処理をもつ高速な表示エンジンにアクセスできる。

 今回の新バージョンでは、アジア言語のOCR(光学文字認識)サポート、バーコード機能、UI作成を簡単にする新しいGUIエレメント、DICOMアップデート、新しいアノテーションなどの新たな認識機能を追加している。

 価格は、「ImageGear for .NET v19」が40万9500円、「ImageGear for .NET v19 with Pro OCR, Asian OCR」が68万2500円、「ImageGear for .NET v19 with Barcode」が47万7750円、「ImageGear for .NET v19 with Pro OCR, Asian OCR, Barcode」が88万7250円。「ImageGear for Silverlight v19」が27万3000円、「ImageGear for Silverlight Medical v19」が40万9500円。