ぷらっとホーム(鈴木友康社長)は6月6日、DHCP・DNS・NTP・Syslog・Proxy・監視管理(ネットワークコアサービス)を容易に導入・運用できるアプライアンス製品「EasyBlocks」を発売したと発表した。6月末に出荷開始する予定。

 「EasyBlocks」は、高信頼なネットワークコアサービスを手間なく、手離れよく導入・運用できるアプライアンス製品。複数台または1台のEasyBlocksノードグループを一括して管理できる機能「EasyBlocksシステム」を搭載している。「EasyBlocks」を複数台で用いることで、任意のサービスがダウンした時に、他の端末がダウンタイムなくサービスを引き継ぐことが可能。これにより、複数のノードが無駄なく常に稼働(Active)を続けつつ、万一の場合にも高度な冗長性を発揮する「Active-Active型冗長化」を実現する。

 また、稼働するすべてのノードを一つのWebインターフェイスで管理できる「EasyBlocks管理インターフェイス」を提供。サービスや用途ごとに別の管理画面を開く必要がないため、視覚化されたすべてのノード・サービスを一目で確認、スムーズに設定が可能。ヘルプ機能も内蔵しており、別途マニュアルを参照することなく、各設定項目の用途や利用法を確認できる。さらに、更新されたアプリケーションを自動で通知する機能を提供するほか、企業導入を前提とした、豊富なサポートメニューを用意している。

 ハードウェアには、企業用途を主とした手のひらサーバー「OpenBlockS 600」を採用。HDDやファンなどのスピンドルを排除し、スリットレス設計など、高い耐塵性と耐熱性を実現している。手のひらに乗るコンパクト設計により、通常のマウントラックであれば1U空間に5台を設置することが可能。消費電力は、わずか8Wで、電力負荷の低減のほか、プロジェクト立ち上げ時のシステム電力設計に大きなゆとりを与える。

 価格は、EasyBlocks本体が9万8000円、追加ノードが9万8000円、EasyBlocks本体2ノードとスタンド型ケースのパッケージが19万8480円、EasyBlocks本体3ノードとスタンド型ケースのパッケージが29万6480円、EasyBlocks本体2ノードと1Uラックマウント型ケースのパッケージが21万5800円、EasyBlocks本体3ノードと1Uラックマウント型ケースのパッケージが31万3800円。