東芝ソリューション(河井信三社長)は、東芝グループが国内外に保有する約5万件の特許を「見える化」する特許分類・分析システムを、SaaS「Eiplaza/DA(文書分類・分析)」を活用して構築したと発表した。6月から同システムを東芝グループで活用する。

 新システムでは、東芝グループが保有する大量の特許を、分類作業を自動化して、目的に応じて分類結果を容易に編集できることが特徴。今回の構築実績やグループ活用でのノウハウをもとに、特許戦略を進める上で課題をもつ企業を中心に「Eiplaza/DA」を提案していく。あわせて、効果的に利用するための導入支援サービスや翻訳サービスも提供し、顧客の特許戦略をサポートする。