ソリトンシステムズ(ソリトン、鎌田信夫代表)は、2011年6月29日、DHCP/DNSアプライアンスの新版「NetAttest D3 v3.0」を発売した。

 「NetAttest D3」は、IPネットワークの基盤となるDNSとDHCPに特化したアプライアンス。直感的な操作ができる日本語のウェブ管理画面やバックアップ・リストア機能などを標準搭載している。運用に手間をかけることのできない部門・拠点用の小規模モデルと、高い処理性能を必要とする全社的導入に対応する中・大規模モデルの2機種を用意している。

 今回のバージョンアップでは、IPv6やDNSSEC(DNS Security Extensions)などの規格に対応し、IPv6ネットワーク環境下での高速なIPアドレスの割り当てと払い出しを可能にした。加えて同社によると、業界初の機能としてWindows Serverを必要としないDHCP NAP(Network Access Control)サーバーの機能を実装。ポリシーに準拠したPCにのみ、正規のIPアドレスを払い出しできるようにした。

 このほか、「初期設定ウィザード」を追加したり、DHCPサービスの冗長化時にネットワーク機器の設定を容易にする「仮想IPアドレス」に対応したりした。

 税別価格は、中・大規模モデル「D3-ST51A」が198万円、小規模モデル「D3-SX」が45万円。