ソリトンシステムズ(鎌田信夫代表)は5月17日、パソナグループのITシェアードサービスカンパニーであるパソナCIO(福島雅人社長)向けに、クラウド型のPC操作ログ管理サービス「InfoTrace-OnDemand」の提供を開始したと発表した。

 パソナCIOでは、派遣登録スタッフやクライアントから預かる大切な個人情報資産を安全なシステム環境で守ることに重点を置き、グループ各社のIT基盤作りを進めている。今回、その一環として、グループ各社の情報漏えい対策やITガバナンスの最適化を図り、顧客への安心と安全のさらなる向上を実現するために、ソリトンのクラウド型PC操作ログ管理サービス「InfoTrace-OnDemand」の導入を決定した。

 「InfoTrace-OnDemand」は、PCの情報漏えいや不正利用の防止、PC操作ログの収集や分析、わかりやすいレポートの発行を自動で行うクラウド型サービス。同サービスの導入により、パソナCIOでは、(1)グループ各社で行われていたPCのセキュリティ管理が共通のセキュリティポリシーで運用され、グループ各社のPC利用状況の一元管理を実現、(2)グループ全体のPC利用状況を可視化し、業務プロセスのチェックおよび改善を推進--といった効果を期待している。