富士通(山本正已社長)は、7月5日、データベース(DB)「Symfoware Server」の中小規模システム向け製品として、「Symfoware Server Lite Edition V10」を発売、7月末に出荷を開始する。

 DBの専門技術者がいなくても、容易に導入・運用できるのがコンセプトで、中小規模システムでの利用に適している。データベースのセットアップやリカバリを自動で最適化する「スマート・セットアップ/スマート・リカバリー」機能を備える。

 「スマート・セットアップ」は、システムに合わせてデータの保全や性能を考慮した最適な環境を自動でセットアップ。「スマート・リカバリー」は、万一のトラブル発生時に、一般的なデータベースで必要とされる原因の特定作業や原因ごとに用意する複数のリカバリ手順書が不要。異常な部分を自動判別して、最適なリカバリ方法を選択してワンタッチで復旧できる。

 東京証券取引所の株式売買システム「arrowhead」に採用されている「Symfoware Server」と同じエンジンを搭載し、信頼性が高い。価格は、「Symfoware Server Lite Edition プロセッサライセンス V10」が60万円。(木村剛士)