京セラコミュニケーションシステム(KCCS、小林元夫社長)は、企業内に散在する文書を電子書籍化して一元管理し、iPad/Android端末へ配信・共有するクラウド型サービス「GreenOffice Publisher」を、8月15日から提供する。

サービスのイメージ図

 「GreenOffice Publisher」は、企業内のビジネス文書や販促資料を電子書籍化し、登録・配信することができる。配信された電子書籍コンテンツを閲覧する機能や、改訂の多い資料を最新の状態に更新する同期機能などを備える。

 価格は月額2万円から。年間の販売目標は3億円。(ゼンフ ミシャ)