京セラコミュニケーションシステム(KCCS、小林元夫社長)は10月28日、企業ITのセキュリティやガバナンスを強化し、新しいワーキングスタイルの実現を支援する仮想デスクトップサービス「GreenOffice Desktop」を2011年1月から提供開始すると発表した。

 「GreenOffice Desktop」は、KCCSがこれまで企業向けのMVNO事業で培ってきたリモートアクセスのノウハウと、システム運用・サービスデスクなどのアウトソーシングサービスの経験を基に、独自のクラウド基盤「GreenOffice Platform」上で、仮想デスクトップサービスを提供するもの。

 顧客の要望に応じて、クライアントPC・各種デバイスからネットワーク、デスクトップ環境までをトータルで提供するとともに、IT利用に関する問い合わせサポートから資産管理など各種サービスのライフサイクルマネジメントまでをパッケージ化し、月額サービスとして提供する。これにより、企業における利便性の向上とセキュリティ強化を図ると同時に、初期投資の低減と運用管理コストの削減を実現する。