突破

小林元夫 社長
 リーマン・ショック以降、ユーザー企業の間でIT投資を抑制する動きが強まっている。ただ、それを嘆くだけでは始まらない。現実を直視し、いかに生産性を向上させながら、顧客に喜んでもらえるサービス、ソリューションを提供できるかが問われる。組織のなかで、一人ひとりが仕事のこなし方、心構えを根本から変える必要があると、社員にしつこく訴えてきた。

 設計から顧客との折衝、最終の納品までの時間を短縮していくために、システム開発部隊と、顧客との仕様決定と導入後のフォローを行うサービス部隊を統合する取り組みをパイロット的に実施した。開発からも「顧客が見える」状況にすることで、モチベーションを高め、仕事に打ち込める環境を整備した。単に生産性を向上させるだけでなく、スマートフォン、OSなどでの新しい技術も踏まえて横断的に技術水準を維持する「技術本部」を新設。ベテランSEによる設計レビューを徹底化する品質管理への取り組みも一層強化している。

 2011年は、今までの殻を破る「突破」の年だ。次のステップに向けて、会社、仕事、クラウドなどの新たな事業に対する設備投資も2010年中に実施してきた。「ICTベンダー」として、単なるモノ売りではなく、コンサルティングから運用に至るまですべてを丸ごと任せていただける「ビジネスパートナー」になりたい。そのためには「人間」が最も重要だ。教育にはさらに力を入れていきたい。