NEC(遠藤信博社長)は、7月14日、立命館大学(川口清史学長)向けにシンクライアントシステムを構築したと発表した。導入した端末台数は約4500台で、NECによれば大学としては過去最大規模という。

 立命館大学は、シンクライアントシステムを導入したことで、関連するサーバー台数を従来の120台から約20台に削減できたほか、クライアント端末をパソコンからシンクライアントに置き換えたことで、年間の消費電力量を約50%減らすことができた。

 立命館大学は、衣笠キャンパス、びわこ・くさつキャンパス、朱雀キャンパスなど複数のキャンパスをもち、約3万6000人の学生が学ぶ関西の有名校。新システムでは、各パソコン教室や、フリースペースにシンクライアント端末を設置し、OSと約170種類の教育向けアプリケーションソフトをサーバーで集中管理する仕組みを構築した。学生や教職員などのユーザーは、ソフトをシンクライアント端末にダウンロードし、端末のCPUやメモリで動作させる。

 端末内にデータを保存しないので、高いセキュリティレベルを保持できるほか、利用者はキャンパスを移動しても同一の端末操作環境を利用でき、利便性が高い。キャンパスごとに行っていたシステム運用管理も、サーバーで一括管理できるので、運用のコストと手間を軽減することができた。

 システムでは、x86サーバー「Express5800/R120b-1」を約20台、シンクライアント端末「Mate MY32B」を約4500台活用した。シンクライアントの方式は、ネットブート型を採用した。(木村剛士)