チエル(川居睦社長)は、ロシアのセキュリティソリューションメーカー、ドクターウェブ社のアンチウイルスソフト「Dr.WEB」の国内文教市場での独占販売権を取得。学校向けに8月22日に発売する。

 ドクターウェブ社は、1992年からアンチウイルスを中心とした「Dr.WEB」ブランド商品を世界市場で展開。ロシア国防省や政府機関、海外金融機関、石油・エネルギー関連施設、地方自治体など、世界中の企業での導入実績をもつ。

 「Dr.WEB」は、世界的なモニタリングネットワークをもち、新種のマルウェアを迅速に検知するのが特徴。パターンファイルは、最高で1時間に数回配信する。また、未知のウイルスや迷惑メールを検出し、駆除するテクノロジーを搭載。プログラムの自動アップデートなどの機能をもつことで、システム管理者の負担を大幅に軽減している。

 チエルでは「Dr.WEB」を学内すべてのPC、サーバーにインストールできる無制限ライセンスで提供する。大学向けには、学生・職員・教員の総人数に応じて課金するライセンス形態で販売するが、無制限ライセンスの要望にも対応する。また、小学校・中学校・高校の教員や大学の教員・学生・職員を対象に、個人PC、Android OSのスマートフォンにも追加料金なしで提供する。

 価格は、「Dr.WEB 小・中・高校向け無制限ライセンス」が7万8000円/1校、「Dr.WEB大学向けライセンス」が150万円(1000ユーザ以下の場合)、メールフィルタリング・ウェブゲートウェイ製品をパッケージした「eNetStar Dr.WEB Mail & Gateセキュリティパック」がオープン価格。(鍋島蓉子)