チエル(川居睦社長)は、エル・インターフェース(高橋新悟社長)との業務提携を発表した。エル・インターフェースのe-Learningプログラム「スーパー英語Academic Express 2」のコンテンツを、チエルのクラウドサービス「CHIeru.net」に搭載して、3月25日から提供を開始する。

 両社では、まず学校単位の導入からスタートし、学生・生徒への個人販売も行っていくとしている。

 「Academic Express 2」は、大学生の英語力養成を目的に編成した大学向けのe-ラーニングプログラム。700講座を超えるコンテンツを用意し、TOEIC、TOEFL対策としても最適なプログラムとなっている。

 プログラム受講者が自分の英語力や学習状況が把握できるように、学習履歴や進捗状況をグラフや表で視覚的に表示する機能「My Portfolio」を搭載。システム管理者やITに不慣れなクラス担当の先生向けには、受講者の成績管理などを直感的に行うことができるツール「Class Portfolio」を提供する。(鍋島蓉子)