NEC(遠藤信博社長)は、モバイル通信キャリアのKDDIが2012年12月に開始を予定する次世代移動通信規格「LTE」の商用サービス向けに、無線基地局装置の出荷を開始した。

 基地局装置は、通信範囲の異なる基地局が混在する環境で、自律的にネットワークの最適化を行うもの。すでに、KDDIが埼玉県さいたま市と宮崎県日南市で実施している実証試験で利用している。

 NECは、2009年8月にKDDIのLTE無線基地局装置の提供ベンダーに選定され、装置の開発・評価を進めてきた。同社は、スマートフォンやタブレット端末の普及を背景に、通信事業者によるLTEへの設備投資が加速するとみて、次世代通信システムによるモバイルネットワーク構築に力を入れる。(ゼンフ ミシャ)