IT機器や医療機器開発・販売の古野電気(古野幸男社長)は、10月25日、ETC車載器「FNK-M07T」を11月下旬に発売すると発表した。

 料金音声案内タイプの従来機「FNK-M05」の後継機。基本機能を受け継ぎながら、新たに「LED内蔵アンテナ」と「ETCカード有効期限通知機能」機能を追加した。本体デザインは、従来機から面積比で約30%小型化し、シンプルで丸みのあるやさしい形状にした。

 アンテナの設置方法は、従来機はダッシュボードに設置する際に別売のブラケットが必要だったが、新製品はフロントガラス貼付とダッシュボード設置の2パターンに対応するマルチ機能で、設置の手間を軽減している。

ETC車載器「FNK-M07T」

 市販品では初めての3年間メーカー保証つきで、ユーザーに安心・安全なETC利用環境を提供する。価格はオープン。販売は、全国の正規取扱代理店、カーディーラー、カー用品量販店などで行う予定。