ニュース

ブロードバンドタワー、スマートフォン向け情報提供サービスをJRAが採用

2011/10/25 10:37

 ブロードバンドタワー(小林仁幸社長)は、日本中央競馬会(JRA)からブロードバンドタワーが提供するスマートフォン向け情報提供サービスを受注したと発表した。JRAは、11月中旬に同サービスを活用して開発したスマートフォンアプリを提供する予定。

 JRAが採用したスマートフォン向け情報提供サービスは、ブロードバンドタワーがスマートフォン向けアプリケーションの企画・開発から、アプリを稼働させるためのITインフラの提供、アプリの登録申請、システム運用までを総合的に提供するもの。

 ブロードバンドタワーは、今後、クラウドサービスのラインアップを拡充し、クラウド上でのアプリ開発やシステム構築などのカスタマイズ案件にも対応する。
  • 1

関連記事

ブロードバンドタワー、IAサーバーを利用した仮想ホスティングサービス

ブロードバンドタワー、DDoS攻撃を自動防御するセキュリティサービス

ブロードバンドタワー DCの付加価値化を推進 アプリサービスを拡充

ブロードバンドタワー、ホスティング利用者向けのバックアップサービス

外部リンク

ブロードバンドタワー=http://www.bbtower.co.jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>