NECは、中堅・中小企業向けERP(基幹業務)ソリューション「DREAMTRAIN/EX」の機能を強化し、10月25日に発売した。

 主に年商5億円から50億円規模の企業を対象とした基幹業務パッケージ。内部統制を支援する情報セキュリティ機能や、経営者や管理職が迅速に経営状況を把握できる「情報報告機能」など、企業経営をサポートする機能を実装している。

 今回の機能強化では、中小企業向け「ベースモデル」と中堅企業向け「スタンダードモデル」の企業規模別のラインアップを用意。加えて、これまでの「販売・会計・給与・コールセンター」に、「CRM(顧客管理機能)・人事」を追加した。

 CRMは、業種・業務別のさまざまなテンプレートを用意。オリジナルの入力画面や出力画面も簡単に作成できる。このほか、検索結果を集計・グラフ表示する分析機能や条件で絞り込んだ顧客にメールを送信する機能を実装し、企業のマーケティング活動をサポートする。モバイルオプションを追加することで、外出先からスマートフォンやタブレット端末で利用することができる。

 税別価格は20万円から。NECでは、一般小売卸業を中心とした企業へ拡販し、今後3年間で3000社への納入を目指す。