NEC(遠藤信博社長)は、Android搭載クラウドコミュニケータ「LifeTouchシリーズ」から、高速処理環境を実現した新モデル「LifeTouch B」を、11月9日に発売した。

 現在販売中の「LifeTouch」は、家庭内利用から業務用端末まで幅広く対応するために、年配者や子どもでも親しみやすいデザインの採用、ハードウェアキーで押しやすい4方向ボタンの搭載やペン操作に対応している。これに対して「LifeTouch B」は、店舗やオフィス、外出先での営業活動など、ビジネスでの利用を考慮したデザインの採用や機能を装備した。

 デュアルコアCPUの搭載による高速処理をはじめ、バッテリ交換機能やビジネス用途向けセキュリティ機能を備え、屋外での雨や水回りでの利用にも配慮した。7型ワイドの光沢液晶を搭載し、現行製品に比べて約20%の小型化を実現したきょう体に、表面・背面ともにフラットでスタイリッシュな新デザインを採用した。