SAPジャパン(安斎富太郎社長)は、11月11日、インメモリプラットフォーム「SAP HANA」の「サポートパック3」の提供を開始した。

 サポートパック3は、BIソフトウェア「SAP NetWeaver Business Warehouse(SAP NetWeaver BW)」のデータベース基盤として「SAP HANA」を使用できるもの。プラットフォームには、「ビジネス・ファンクション・ライブラリ」と「予測分析ライブラリ」を組み込んだ。線形回帰にもとづいた営業予測などの季節的な調整のほか、ディシジョン・ツリーなど、ユーザーの購買に影響する重要な要因を分析するための高度なデータマイニングと統計アルゴリズムを使うことができる。

 これに合わせて、「SAP HANA」向けのインフォメーション・コンポーザ・ツールを提供する。データタイプやプライマリキー、データの結合条件(ジョインコンディション)の決定、単純なデータクレンジングなどの典型的なデータモデリングプロセスのステップを、ウィザードによる操作でほとんど自動化。「SAP HANA」ですでに定義しているセキュリティや権限モデルを使用できる。

 このほか、完全に自動化したバックアップ、ポイントインタイムリカバリを提供。インメモリ層に直接抽出・変換・ロードのアクティビティすることでデータロードのパフォーマンスが上がり、データ取得速度が向上する。(信澤健太)