SAPジャパン(ギャレット・イルグ社長)は、シングルサインオンを可能にする「SAP NetWeaver Single Sign-On」の提供を開始した。今年2月にSAPがSECUDEから獲得した製品をベースに開発した。

 「SAP NetWeaver Single Sign-On」は、SAPユーザーが一つのユーザーネームとパスワードを入力するだけで複数のSAPアプリケーションにアクセスできるようにするほか、スマートカードを含むサードパーティー企業が提供する認証式やSAML(セキュリティ・アサーション・マークアップ言語)、証明書など、オープンスタンダードをベースにしたウェブアプリケーションへのシングルサインオン機能をサポートする。(信澤健太)