クオリティソフト(浦聖治代表取締役)は、11月30日、パソコンとスマートフォン、タブレット端末向けのクラウド型セキュリティ維持・管理サービスの新版「ISM CloudOne Ver.4.0i」を発売した。

 「ISM CloudOne」は、パソコンのセキュリティ対策と遠隔操作機能、ソフトウェアの配布や操作・起動制御機能をもつクラウド型サービス。スマートフォンの管理機能を備えており、電話番号やOSのバージョン、機種番号などのハードウェア情報や、インストールしているソフトウェア情報を日次で収集できる。

 新版では、海外拠点で利用するスマートフォンとタブレット端末の対応や、各端末のポリシー設定に関連する機能を強化した。独自の通信方式を採用した管理で、例えば中国に持ち込んだAndroid搭載端末でも、通信事業者に依存することなく管理できる。また、各端末へのセキュリティポリシーを遠隔地から自動設定でき、少ない工数で多くの端末に同一のポリシーを適用できるなど、作業を簡易化した。

 パソコンの管理機能も強化。USBメモリなど、外部記憶メディアへのデータの読み込みと書き出しの制御、パソコンのリース・レンタル資産管理などができるようにした。リース・レンタル機器が、「いつ・どれだけの数が期限切れになるか」を把握でき、期限が近づくと管理者と機器の使用者に通知する。

 価格は、販売するITベンダーによって異なるが、月額700円(1クライアント)前後。パッケージ版も用意しており、価格は120万円(100クライアント)。販売目標は初年度12万ユーザーの獲得に置く。(木村剛士)