NEC(遠藤信博社長)は、12月2日、長岡技術科学大学(新原晧一学長)と全国の国立高等専門学校51高専55キャンパスが共同利用する統合図書館システムを、プライベートクラウドで構築すると発表した。長岡技術科学大学は、2012年3月にシステムの運用を開始する。

 長岡技術科学大学は、主に高等専門学校卒業生を受け入れて共同研究や教職員との交流を行うなど、全国の高等専門学校との連携を強化している。その一環として、高等専門学校の図書館システムの統合を推進。今回、新統合図書館システムを構築することで、長岡技術科学大学と高等専門学校の全国55キャンパスでは、保有する蔵書約400万件を横断的に検索できるようになる。図書館システムの基盤には、NECの大学図書館向けソリューション「E-CatsLibrary」(イーキャッツライブラリ)を活用した。

 クラウドを活用したことで、サーバー管理業務を長岡技術科学大学に集約。各高等専門学校は自校のシステムを管理する必要がなくなり、コストの削減と業務の効率化に貢献する。(木村剛士)