ATENジャパンは、19インチLCDモニタを搭載したコンソールドロワー「CL6700」と「CL3000」を12月8日に発売する。

 「CL6700」は、19インチLCDモニタを搭載し、DVI・USBタイプのKVMスイッチのコンソールとして使用できるドロワー。コンソールデバイス(キーボード、モニタ、マウス)の機能を、1Uサイズに集約した。また、同社として初めてのUSB・DVIタイプで、8ポートラックマウントKVMスイッチ「CS1768」のコンソールとして使用できる。

 「CL3000」は、PS/2・USBタイプのコンソールとして使用できる省エネ・軽量の1Uサイズのコンソールドロワー。LEDバックライトモニタを採用し、消費電力を21.4wまで低減している。 価格は、「CL6700」「CL3000」ともに22万2600円。

コンソールドロワー「CL3000」