NTTデータ(山下徹社長)は、12月16日、日産自動車が独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から委託を受け、2012年1月末に中国・北京市で実施する大規模実証実験「新交通情報システム技術実証事業(中国)」への参加を発表した。

 実証実験は、北京市の交通渋滞の改善やCO2削減を目的に高度道路交通システム(ITS)を構築し、その効果を検証するもの。11年9月に、NEDOの日中友好事業として始まった「国際エネルギー消費効率化等技術普及協力事業」の一環だ。北京市と大学、自動車メーカー、ナビメーカー、システムベンダーが協力し、渋滞情報の収集から、データ分析、情報配信までの仕組み・システムの効果を検証する。実験期間は約8か月間で、対象車両はおよそ1万2000台。

 自家用車やタクシーなどに搭載する車載IT端末を通じて情報を収集し、車両の位置に応じた交通情報(道路単位での渋滞度、交通規制情報など)を配信するセンターシステムを構築する。車載IT端末には、リアルタイムで最適な経路や予測所要時間などの情報を提供する。NTTデータは、本実証実験の中核となるセンターシステムを構築する。(木村剛士)