IDC Japan(竹内正人代表取締役)は、2011年第3四半期(7~9月)の国内モバイルデバイス市場動向を発表した。

 国内スマートフォン出荷台数は前年同期比243%増の530万台だった。同四半期のスマートフォン市場は、アップルの「iPhone 4S」の発売直前だったために、ユーザーの買い控えが影響してアップルの出荷台数が大きく減少した。しかし、NTTドコモとauKDDIの両通信事業者の積極的な販売促進によるプラス効果、アンドロイドOS搭載スマートフォン端末のラインアップの充実などがあって、市場は大幅に拡大した。ベンダー別では、「Xperiaシリーズ」の新製品を継続して送り込んでいるソニーエリクソンが大きくシェアを伸ばした。

 メディアタブレットは、アップルの「iPad 2」に加えて、各社の新規モデルの発売、ソフトバンクによる販売奨励金の上積み効果があって、総出荷台数は前年同期比133%増の42万台となった。出荷台数は順調に拡大しているが、「iPad 2」以外にヒット端末が存在しないことが影響して、市場では継続的に供給過多が続き、在庫問題の懸念があるとした。

 3Gパーソナルルータ端末は、市場の牽引役であるイー・モバイル以外に、ソフトバンク、ドコモが積極的な販売戦略を実施していることや、利便性を含めた使い勝手のよさがユーザーから評価され、顧客層が広がり始めていることなどの要因から、出荷台数ベースで前年同期比81.7%増の67万台と大幅なプラス成長を記録した。

 すでにスマートフォン出荷比率が50%超になっていることに加え、通信事業者の積極的な販売戦略が継続される可能性が高いことなどから、今後も需要の成長が続く。2012年には2870万台にまで拡大し、2015年には3403万台に達すると予測する。(信澤健太)

国内スマートフォン出荷台数予測 2010年~2015年