トランスウエア(松田賢代表取締役)は、主力製品のウェブメール「Active! mail」が、インターネットイニシアティブ(IIJ、鈴木幸一社長)が提供する「IIJセキュアMXサービス」のオプション「メールボックスプラス」に採用されたと発表した。

 「Active! mail」は、累計1500サイト、950万アカウントの導入実績をもつウェブメール製品。IIJの「IIJセキュアMXサービス」は、メールシステムなどを不正プログラムから守るためのセキュリティサービスで、「メールボックスプラス」をウェブメール機能を提供するオプションとして用意している。

 IIJは、「メールボックスプラス」のサービス化にあたり、ウェブメールで実績が多い「Active! mail」にメリットを見出して採用した。