トランスウエア(松田賢代表取締役)は、「Lotus Notes/Domino」からビジネスウェブメール「Active! mail」へのメールデータ移行サービスを開始した。

 自社製品のビジネスウェブメール「Active! mail」に確実で効率よくデータ移行できる専用ツールを用意し、トランスウエアの専用サーバーを用いた移行サービスを提供する。

 専用移行ツールは移行元のユーザーのパスワードリストが不要で、運用中のサーバーにプログラムを導入する必要がない。管理者が移行作業をコントロールでき、多くのメールフォルダを移行できる。また、移行処理数(スレッド数やスリープ時間)を指定でき、負荷の調整が可能。新旧でメールアドレスが変わる場合でも対応できる。移行先のメールサーバーの状態に依存せず、構築が完了していない場合でも移行作業を進めることができる。