トランスウエア(松田賢代表取締役)は、スマートフォンやスレート用の専用アプリからビジネスウェブメール「Active! mail」へのアクセスを可能にするオプション「Active! mail RDA(Remote Device Access)」を発売した。iPhoneアプリ版を先行リリース(App storeから無料ダウンロード)し、AndroidおよびタブレットPC用の専用アプリは順次リリースする予定。

 「Active! mail RDA」iPhoneアプリ版は、階層化されたアドレス帳(個人/共有)、プロフィール、署名管理、メールフィルタリングなどPC版の「Active! mail」と遜色のない機能をiPhoneのタッチパネルで快適に利用でき、オフィス外でもビジネスの生産性を維持することができる。7月出荷開始の「Active! mail 6.51」から利用可能となる。

 税別価格は、スタンダードライセンス(企業向け)25ユーザーで4万5200円から。アカデミックライセンス(文教向け)25ユーザーライセンスで3万100円から。