ITホールディングスグループのTIS(桑野徹社長)は、1月17日、ASEANでのITシステムサポート体制拡充の一環として、シンガポール法人「TISI (Singapore)」 を設立したと発表した。代表には岡本安史氏が就任した。

 シンガポール法人は、まずはASEANに進出している日系企業のITシステム構築・開発を主軸に据える。今後は、日本で実績のあるITシステムやサービスを中心に地場市場への拡販も視野に入れ、市場調査や営業活動を実施していく見通しだ。

 TISは、2010年、天津に約1200ラックの巨大データセンター(DC)を開設。また、上海をはじめ中国主要都市で、TIS中国法人とITホールディングスグループ各社の現地法人との連携ビジネスを拡大してきた。シンガポール法人の設立によって、中国だけでなく、ASEANでも海外事業を伸ばしていく。(安藤章司)