その他

<THE決断!ユーザーのIT導入プロセスを追う>長野県佐久市 スマートフォンのGPSとARを活用 若い世代の観光客への訴求力をアップ

2011/12/15 21:07

週刊BCN 2011年12月12日vol.1411掲載

 長野県佐久市は、ITホールディングスグループのTISが開発したスマートフォン向けのコンテンツ配信サービス「SkyWare(スカイウェア)」を採用した。GPS(全地球測位システム)とAR(拡張現実)機能を活用したもので、佐久市は来訪する観光客向けにサービスを提供して観光名所へ誘導。地域の観光産業の活性化につなげるのが狙いだ。スマートフォンに表示される地図と、観光情報をリンクしたARの組み合わせで、使い勝手の大幅な向上を実現した。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

TIS、情報配信プラットフォーム「SkyWare」を長野県佐久市が採用

TIS、スマートフォンのGPSとAR機能を活用した情報配信プラットフォーム

おすすめ記事