EMCジャパン(山野修社長)は、1月26日、2012年の事業戦略を発表した。「ITトランスフォーメーション」「トラスト(セキュリティ、GRC、災害対策)」「ビッグデータ」の3分野に力を注ぎ、ITの活用でリアル・ビジネスをクラウド的にネット・サービスとして提供する「XaaS」を掲げ、ユーザー企業にビジネスモデルの変革を提案する。

 「ITトランスフォーメーション」の分野では、ITインフラの仮想化やクラウド化の支援体制や、販社を中心としたパートナー企業との協業を強化。コンサルティング部門の増員に加え、ストレージのハードやソフト、運用サービスを従量課金で提供するSMS(ストレージ・マネージメント・サービス)を提供する。協業では、クラウドサービス事業者とのアライアンスに取り組む。

 また、ユーザー企業のXaaS立ち上げを支援する「クラウドビジネスサロン」を開始したほか、クラウド関連の人材を育成する支援プログラム「データセンター・アーキテクト」「クラウド・アーキテクト」のトレーニングコースを年内に提供する。

 「トラスト」では、サイバー攻撃への対応、災害への対策、事業継続計画などを実現するITインフラを構築。サイバー攻撃への対応では、「RSA Archer」「RSA NetWitness」「RSA SecurID」などのセキュリティソフトの提供で、ユーザー企業のGRC(ガバナンス、リスク、コンプライアンス)を構築するほか、コンサルティングサービスを強化。災害対策や事業継続計画は、重複除外ソフト「Avamar」や「Data Domain」、災害復旧時間をほぼゼロにする「災害回避」が可能な技術を組み合わせる。

 「ビッグデータ」では、データウェア・ハウジング/分析ソフト「Greenplum」でSIerとプロジェクト案件ごとなど戦略的に協業するほか、ストレージ製品「Isilon」「Atmos」の販路を拡大していく。

 山野社長は、「SIerなど、パートナー企業経由での販売が中心になっている。これによって、日本でのビジネスは非常に順調だ」とアピールし、「2011年の業績は、ワールドワイドの売上げが前年比18%増などと成長している。日本はワールドワイド以上に伸びている。2012年も引き続き2ケタ成長を狙う」と語った。

山野修社長