チエル(川居睦社長)は、SCORM規格eラーニング教材「2012年度版 スーパー情報倫理」を、2月29日に発売する。

 「2012年度版 スーパー情報倫理」は、「インターネットと個人情報」「インターネットと知的財産権」などの項目ごとに詳しく解説し、生活や行動に密着した情報倫理・モラルを体系的に習得することができる。大学などの新入生教育や情報倫理教育や情報教育の教材、情報倫理・情報モラルの自習用教材として、幅広い利用を見込む。

 大学などで普及しているeラーニングプラットフォーム「Moodle」をはじめ、同社の学習管理システム「Glaxa(グレクサ)」などで利用できるSCORM規格のeラーニング教材として、書籍「インターネットの光と影Ver.4」に準拠している。

 価格は、1年間の利用が52万5000円(税込)。