ニュース

フラッシュ型教材活用実践プロジェクトとチエル、eTeachersの利用状況発表

2011/10/27 10:37

 フラッシュ型教材活用実践プロジェクト(リーダー:堀田龍也玉川大学教職大学院教授)とチエル(川居睦社長)は、10月21・22日に兵庫県丹波市で開催された「第37回全日本教育工学研究協議会全国大会」で、フラッシュ型教材ダウンロードサイト「eTeachers(イーティーチャーズ)」の利用状況を「フラッシュ型教材の活用促進のためのWebサイトeTeachersにおける教材ダウンロードの分析」として発表した。

 「eTeachers」は、フラッシュ型教材を無料でダウンロードできる会員制のウェブサイト。今回は、Flash型教材を教育現場で活用してもらえるよう、その利用状況を調査し、これまでの運用状況とあわせて論文としてまとめて、全国大会で発表した。

 調査結果によると、サイトに登録・利用しているユーザーは小学校教員が多く、全体の71%が小学校の関係者だった。また、教科では国語、算数、社会、理科の教材の登録数、ダウンロード回数が多く、なかでも国語と算数は教材が充実しており、教材の定番化が進んでいることなどがわかった。
  • 1

関連記事

Doctor Webとチエル 露ウイルス対策ソフトを学校に拡販 チエルを通じて校内LAN向けに

チエル、教員向けの「フラッシュ型教材活用セミナー」に協賛、広島・長崎・三重で開催

チエル、日本語能力試験の「N1」レベルに対応したeラーニング教材

チエル、ロシアのアンチウイルスソフトウェア「Dr.WEB」を学校向けに販売

チエル、文教市場向けの統合マネジメントシステムを発売

外部リンク

チエル=http://www.chieru.co.jp/

「eTeachers」=http://eteachers.jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>