ビットアイル(寺田航平社長兼CEO)は、Windows Server環境に最適化したプライベートクラウドサービス「CLOUD CENTER for Windows」の提供を開始する。

 マイクロソフトが今春リリースする最新のSystem Center 2012とWindows Server 2008 R2で提供されるHyper-V 2.0を活用し、Windows Server環境で稼働するシステムの構築・運用に最適化したクラウドサービス。

 ビットアイルのデータセンター内に構築した高性能・高可用性のクラウドサービス基盤上で、利用企業ごとに、サーバーリソースとハイパーバイザー「Hyper-V」とクラウド管理ツール「System Center」を個別に提供することで、各社が自社の運用ポリシーに従い、仮想環境の構築と制御、仮想環境の監視と最適化、システムテンプレートの作成、ライブマイグレーションの実行、PtoV・VtoVなどができるプライベートクラウドとして提供する。

 2月28日に、System Center 2012 Virtual Machine ManagerのRC版を利用したクローズドβサービスによって検証プログラムを開始する。正式サービス開始は、マイクロソフトからのSystem Center 2012 Virtual Machine Manager提供後を予定しており、正式サービス開始以降、Configuration Manager 2012、Operations Manager 2012などのSystem Center 2012の各製品を追加し、プライベートクラウドのより高度な管理を簡略化するソリューションを提供する。