ビットアイル(寺田航平社長兼CEO)は、高性能・高可用性のクラウドコンピューティングサービス「サーバオンデマンドNEXT(SOD-NEXT)」に、ユーザー企業の既存物理環境から簡単・低価格で移行できる「クラウド移行支援パック」をオプションサービスとして追加し、12月1日に提供を開始した。

 「クラウド移行支援パック」は、「SOD-NEXT」を利用するユーザー企業向けに、既存の物理サーバー環境からクラウド環境(仮想化環境)に移行するPtoV(Physical to Virtual)作業をパッケージとして提供するもの。難易度が高いPtoV作業をユーザー企業に代行して行う支援をパッケージとして提供する。ユーザー企業は、物理環境からクラウド環境へのシステム移行を、手間なく安価に実施することができる。

 移行作業内容を簡素化・定型化することによって、移行対象の物理サーバー数だけで決まるシンプル料金と低価格を実現している。また、システム移行先となる「SOD-NEXT」では、システム基盤をビットアイルが24時間365日体制で運用するので、ユーザー企業の運用負荷が大幅に減る。さらに、データセンターの充実した電源環境をはじめとする稼働環境、サーバーの冗長化、ストレージの冗長化などによって、既存システムと比べ、ダウンタイムと障害対応時間を大幅に削減する。

 税別価格は、移行対象物理サーバー1台目が34万円、2台目以降1台あたり5万5000円。