大塚商会(大塚裕司社長)は、2月20日、通信販売カタログ「たのめーるVol.27(春夏号)」を発行し、取扱い商品の約2700点を値下げした。

 値下げの比率は平均約4.2%で、最大52.6%。購入頻度の高い商品を中心に、消耗品のなかでも定番の文具・事務用品約950点、OA・PC消耗品約850点、生活用品約450点などで値下げを行った。

 なお、メーカーの価格改定に伴い、一般蛍光灯とラベルライター、コーヒーマシン用カプセル式コーヒーなど73点は5月1日から値上げする。