ハギワラソリューションズ(葉田順治社長)は、インターネットに接続されていないコンピュータのウイルスチェック・駆除ツール「リトマスUSB」を2月下旬に発売した。

 オフライン端末に専用のUSBメモリを接続するだけで最新のウイルス定義ファイルによるウイルスチェックと駆除を行うツール。オフライン端末でも、最新のセキュリティ対策を施すことができる。ウイルススキャンのエンジンには、シマンテックの技術を採用した。

 ウイルススキャンアプリケーションは、「リトマスUSB」本体から起動するので、オフライン端末にソフトをインストールする必要はない。オフライン端末に接続するとウイルススキャンアプリケーションが自動起動する機能や、ウイルススキャン結果を本体に搭載した赤・青LEDで通知する機能する機能を備える。

 税別価格は、1年ライセンスモデル「HUD-SVDT1A」が2万4800円、3年ライセンスモデル「HUD-SVDT3A」が6万8400円、5年ライセンスモデル「HUD-SVDT5A」が11万2000円。オプションのライセンス延長パック(1年延長)「HUD-SVDT1YLA」が2万2800円。

リトマスUSB