エレコム(葉田順治社長)は、PCやiPhone、iPad、Android端末、タブレット端末など、さまざまなデバイスでセキュアにリアルタイムな情報共有ができる法人向けクラウドサービス「SureAx(シュアックス)」の提供を開始した。

 ドキュメントやファイルだけでなく、電話帳、スケジュール帳、写真、動画、音声、テキストメモなどを、いつでもどこでも共有できる法人向けクラウドサービス。パソコン、スマートフォン、タブレット端末など、デバイスを問わずに利用でき、ビジネスに必要な情報をセキュアにリアルタイムで共有し、ビジネスを支援する。

 データはすべて端末に残さず、クラウド上に保存するので、万が一、端末を紛失した場合でも、端末本体から情報が漏えいする心配はない。管理者は、フォルダごとに閲覧を設定できるほか、各ユーザーの操作ログを閲覧することができる。端末紛失時や不正な利用を発見した場合は、遠隔操作でログインIDをロックして利用を停止し、機密性の高い企業情報もセキュアな環境で共有することができる。

 データの格納先となるクラウドストレージは、インターネットイニシアティブ(IIJ)の「IIJ GIO」を使用。ライセンスは1ユーザー単位で利用でき、クラウドストレージは1GB単位で増設することができる。税別価格は、「ライセンスプラン」が1ライセンス(容量1GB)月額1500円、「ライセンス+容量プラン」が1ライセンス月額980円、容量1GBあたり月額500円。