三井情報(MKI、下牧拓社長)は、アマゾンウェブサービス(AWS)を活用したパブリッククラウドサービス「Type CLOUD for AWS」の提供を開始し、三井情報システム協議会(MISCO)にウェブサイトの構築基盤として採用されたと発表した。

  「Type CLOUD for AWS」は、同社クラウドサービスとして提供中の「TYPE VM」「TYPE HOST」に新たに追加するもの。「通常プラン」「Webオートスケーリングプラン」「コールドスタンバイプラン」の3種類のパッケージプランを用意する。

 MISCOは、三井系列企業が中心となって、情報処理と通信に関する共同研究を進める協議会。従来利用していたホスティングサーバーは、「活動ピークに合わせた柔軟な増強ができない」「サイトを立ち上げる際にハードウェアの手配やシステム構築に時間を要する」という欠点があった。

 今回、ネットワーク、サーバー、データベースといったインフラ機能をタイムリーに調達できる「Type CLOUD for AWS」によるAWSの活用を決定。MKIは、MISCOへの導入にあたって、「Type CLOUD for AWS 通常プラン」を移行計画をはじめとするコンサルティングサービスから提供している。