菱洋エレクトロ(小川贒八郎社長)は、子会社のリョーヨーセキュリティサービス(RSS、太田喜一郎社長)が企画・開発した標的型メール攻撃対策サービス「標的型メール対策 Human Vaccine(ヒューマンワクチン)」を発売した。

 偽装メールを見分ける力を養うためのサービスで、訓練用の偽装メールをRSSで作成して従業員に発信し、その対応状況を分析・レポートすることで従業員のセキュリティ意識を高める。オプションで、情報セキュリティに関するeラーニングや、従業員に対するアンケート調査サービスも用意した。

 価格は50万円(50人まで)から。初年度で5000万円の売り上げを見込む。