日立システムズ(高橋直也社長)は、英国に拠点をもつNEWTON Information Technology(NEWTON)と企業内・企業間データ連携ミドルウェア「HULFT(ハルフト)」の販売代理店契約を締結し、英国をはじめとするヨーロッパ市場向けの「HULFT」ビジネスを本格展開する。

 「HULFT」は、セゾン情報システムズが開発した企業内・企業間データ連携ミドルウェアで、6900社を超える企業への納入実績をもつ。NEWTONは、在欧日系企業を中心に、IT基盤の構築や基幹業務システムの構築、運用支援、事業継続計画(BCP/BCM)策定サービスなどを提供している日系のSIer(システムインテグレータ)。日立システムズと連携して、金融・保険業向けに「HULFT」を活用したBCP対策サービスやデータ連携基盤構築サービスなどを提供する。日立システムズは、グローバルITサービス「GNEXT」の一環として、NEWTON社と連携して「HULFT」を拡販する。

 日立システムズは、すでに米国や中国などに加え、多くの日系企業が進出しているタイやベトナムでも「HULFT」を販売している。今後も販売対象国を拡大し、2013年度末までに累計1000本の「HULFT」販売を目指す。(信澤健太)